海外転出届けについて

実はこれ、留学を決めた時から出すべきか出さざるべきか、、、迷っていました。

知恵袋も使ったし、市役所にも電話したし、他の留学生にも聞いたりと、結構情報収集を頑張ったので良かったら見てください😋

ちなみに私の結論は転出届けを出す。ですが、それは今現在の自分の医療保険の種類や状態によって変わるかと思います。

まず、海外転出届けを出すとどうなるか。
①住民登録がなくなる。
・メリット
    住民税が免除される。その次の1月分からですが。
・デメリット
    賃貸契約ができなくなります。

→一時帰国の際に、親類等、身を寄せる場所があればあんまり関係ない?

②国民年金の加入義務がなくなる。
・メリット
    転出届を出している間、年金を払わなくて良い。もちろん支払うことを選んでもOK🙆‍♀️もちほん払わなかった分、少し減るけど、、、。

・デメリット
    特になし。(加入するかしないか自分の意思で選択できるので)

→加入義務があるのに未納なのと、脱退により納めないのとでは訳が違うらしい。
あんまり詳しくはわからないけど。
ちなみに私は脱退により納めません。

③国民健康保険が抹消される。
(というより、海外転出届けを出すことによって日本の保険に入れない場合がある。)

メリットデメリットの前に、、、

まずは、自分が加入している保険の種類を確認しないといけないです。
留学生の場合、親の扶養に入ることが多いと思いますが、その場合、親の保険がどうなっているかを確認する必要があります。

ちなみに私の場合は、父の共済組合に入りますが海外転出届けを出しても保険証は変わらず持ち続けることができる。
つまり、
・一時帰国の際は日本の医療機関で保険適応されて受診できる。
・海外で受診した場合も日本の保険が適応される

ということになります。

私みたいに、転出届けを出してもカバーされる場合は、デメリットはありません。

ですが、カバーされない場合は、日本の医療保険が適応されないというデメリットがあります。もちろん、医療保険費を払わなくても良いというメリットもあります。

これに関しては、自分が加入している保険団体に、「海外転出届けを出しても、保険証を返さなくてもいいですか?保険適応されますか?」というところから始まると思います。

ちなみに、国民健康保険の場合は加入ができなくなります。どうしても国民健康保険に加入しておきたい場合は、転出届けを出さずに住民票を残したままにする必要があります。そうすると当然、住民税支払いや国民年金加入の義務ももれなくついてきます。



以上の結果から、私は海外店主届けを来週出しに行く予定です🏃‍♀️